便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

便秘になってどうしても辛いとき、多くの方が頼りにするのが市販薬。ですが、種類がたくさんあってどれを飲んだら良いのか分からない…と悩む方も多いですよね。選び方を間違えると、辛い腹痛や下痢で苦しむ可能性もありますので、自分の便秘の程度・頻度にあわせて最適なものを選びましょう。

口コミ人気の高い市販便秘薬

コーラックファースト

腸の蠕動運動を活発にするピサコジルと硬くなってしまった便に水分を与えて柔らかくするDSSを配合した便秘薬です。ピサコジルが普通のコーラックに比べて半分なので用量を調節しながら使用することができます。便秘薬を初めて利用する方でも使いやすいお薬です(初めは1錠からがおすすめされています)。想定される副作用は、激しい腹痛、吐き気・嘔吐です。服用後、これらの症状が現れた方は、速やかに医師・薬剤師・登録販売者に相談しましょう。

コーラック

便秘薬の代表的な存在のお薬です。腸管の検査や手術前に使用されるピサコジルを配合している点が特徴です。作用が強力なので、慢性的な便秘にお悩みの方やしっかり効く便秘薬をお求めの方などにオススメされています。この点は魅力ですが、体質などによっては副作用(激しい腹痛、吐き気・嘔吐)に悩まされる方がいるようです。副作用が現れやすいことから「ピンクの悪魔」と呼ぶ方もいます。服用後、気になる症状が現れた方は医師などに相談してください。

コーラックⅡ

腸の蠕動運動を活発にするピサコジルに、便に水分を与えて柔らかくするDSSを加えた便秘薬です。DSSの働きで滑りやすくなった便を腸の蠕動運動で押し出すことが出来るので、「最強の便秘薬」と呼ぶ方がいます。この点は魅力ですが、コーラックと同じ成分を配合しているので同様の副作用が現れる恐れがあります。服用後は、激しい腹痛、吐き気・嘔吐に注意が必要です。腹痛が気になる方は、症状にあわせて服用する量を調整するとよいかもしれません。

コーラックファイバー

腸内で水分を吸収して便のカサを増す食物繊維と2種類の生薬(大腸の働きを整えるケツメイシと大腸の蠕動運動を促進するセンノシド・カルシウム)の働きで自然に近い排便を促す便秘薬です。便秘に伴う肌荒れに効果的なビタミンB6を含む点も特徴です。生薬を配合しているので身体に優しいイメージですが、副作用が現れる恐れはあります。服用後の皮膚症状(発疹・発赤、かゆみ)と消化器症状(激しい腹痛、吐き気、下痢)に注意が必要です。

コーラックハーブ

腸の蠕動運動を改善するセンノシドに便秘薬を飲んだ後に起こりがちな腹痛を優しく抑える甘草エキスを配合した便秘薬です。甘草には腸の痙攣を和らげて、センノシドをサポートする働きがあります。嫌な腹痛を避けながら自然な排便を促したい方におすすめされています。ただし、体質などによっては副作用が現れることはあります。皮膚症状(発疹・発赤、かゆみ)と消化器症状(激しい腹痛、吐き気・嘔吐)が現れた方は医師などに相談しましょう。

新ビオフェルミンS錠

人の腸と相性が良いヒト由来の乳酸菌を配合した整腸薬です。大腸に住み着き腸内環境を整える乳酸菌と小腸に住み着き腸内環境を整える乳酸菌、小腸に住み着き有害菌の繁殖を抑える乳酸菌を配合しています。小腸から大腸まで幅広く作用して、しっかり働く腸を取り戻します。整腸薬に分類されるので便秘薬に比べ作用は穏やかです。気になる副作用は指摘されていません。腸内環境を整えて自然な排便を促したい方や食生活が乱れがちな方などに最適です。

ビオフェルミン便秘薬

腸の蠕動運動を高めるとともに水分の吸収を抑え便通を促すピコスルファートナトリウム水和物に腸内環境を整えるビフィズス菌と乳酸菌を配合した便秘薬です。一般的な便秘薬に比べ刺激がマイルドな点、11歳から服用できる点が魅力です。整腸薬では物足りない方などにおすすめです。刺激はマイルドですが、体質などによっては副作用が現れる恐れはあります。服用後、激しい腹痛、吐き気・嘔吐、腹鳴、腹部膨満感、発赤・発疹、かゆみに注意が必要です。

酸化マグネシウムE便秘薬

腸管から水分を集めて便を柔らかくすることでスムーズな排便を促す酸化マグネシウムを配合した便秘薬です。腸管を直接刺激しないので、お腹が痛くなりにくい点、くせになりにくい点が魅力です。従来の便秘薬を利用しづらい方などにおすすめです。刺激の少ない便秘薬ですが、副作用がないわけではありません。体質などによっては、激しい腹痛、吐き気・嘔吐、強い眠気、立ちくらみ、息苦しさ、口の渇きなどの副作用が現れる恐れはあります。服用後の体調変化に注意しましょう。

新ウィズワン

水分を吸収して膨らみ便のカサを増やす食物繊維・プランタゴオバタと大腸の蠕動運動を促し排便をサポートするセンノシド、カスカラサグラダ乾燥エキスを配合した便秘薬です。植物由来の成分で自然に近いお通じを実現する点が魅力です。チョコレート味なので、植物由来の成分が苦手な方でもおいしく飲むことができます。刺激はそれほど強くありませんが、体質などによっては副作用として発疹・発赤、かゆみ、はげしい腹痛、吐き気・嘔吐が現れる恐れはあります。

ビューラックA

大腸の粘膜を刺激して腸の蠕動運動を高めるビサコジルを配合した便秘薬です。生薬系の便秘薬より早く効くので、就寝前に服用すると翌朝のお通じが期待できます。また、作用も強いので、頑固な便秘や慢性的な便秘にお悩みの方にも勧められています。コーラックとよく似た便秘薬ですが、一部ではビューラックAの方が副作用はマイルドといわれています。ビューラックAで気を付けたい副作用は消化器系の症状(激しい腹痛、吐き気・嘔吐)です。

サトラックス

水分を吸収して便のカサを増すとともに大腸の自然な反射運動を促すブランタゴ・オバタ種子(食物繊維)と、腸の神経に働きかけて蠕動運動を活発にするとともに腸管からの水分の吸収を抑制して便を柔らかく保つセンナを組みあわせた植物性の便秘薬です。同じ植物性便秘薬のコーラックファイバー、新ウィズワンより食物繊維の量は多めです。腸に優しい便秘薬ですが、副作用の恐れがないわけではありません。服用後、激しい腹痛、吐き気・嘔吐、発疹・発赤、かゆみが現れる恐れはあります。

タケダ漢方便秘薬

生薬の大黄と甘草を配合した便秘薬です。センノシドを含む大黄には胃や小腸に刺激を与えず大腸の運動を活発にする働きが、甘草には腸の痙攣を抑えて大黄をサポートする働きがあります。就寝前に服薬することで、起床後に自然に近い排便が期待できます。錠剤に割線が入っているので、服用量を簡単に調整できる点も魅力です。生薬を配合した優しい便秘薬ですが、副作用として発疹、激しい腹痛を伴う下痢、腹痛、吐き気・嘔吐が現れる恐れがあります。

3Aマグネシア

通常のマグネシウムより保水力が高いとされる活性酸化マグネシウムを配合した便秘薬です。腸に水を集めて便を柔らかくすることで排便を促します。一方で、腸への刺激は穏やかなので、クセになりにくい、腹痛を起こしにくい特徴があります。便通が改善したら飲む量を減らすことができます。メリットの多い便秘薬ですが副作用には注意が必要です。服用後、激しい腹痛、吐き気・嘔吐、強い眠気、立ちくらみ、口の渇きなどが現れる恐れがあります。

カイベールC

大腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にするビサコジルと大腸とアウェルバッハ神経叢に作用して腸の蠕動運動を活発にするとともに水分の吸収を抑えて便を柔らかくするセンノサイドを配合した便秘薬です。2つの成分を配合しているので強力な便秘薬といわれています。頑固な便秘にお悩みの方などに適しているかもしれません。服用後、発疹・発赤、かゆみ、激しい腹痛、吐き気・嘔吐が現れた方は副作用の恐れがあります。注意しましょう。

スラーリア便秘薬

酸化マグネシウムを配合した便秘薬です。酸化マグネシウムが浸透圧を上昇させることで腸内に水分が移行し便が柔らかくなることで排便を助けます。腸を刺激しないので腹痛が起こりにくく、クセになりにくい点が魅力です。また、水で飲むとすぐに崩れる速崩錠タイプの便秘薬なので素早く腸まで届きます。基本的には、優しい便秘薬と考えられていますが、体質などによっては激しい腹痛、吐き気・嘔吐、強い眠気、立ちくらみ、口の渇きなどの副作用が現れることがあります。

オイデル

ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)と麻子仁末を配合した便秘薬です。DSSには便に水分を与えて柔らかくする働き、生薬由来(麻子仁末由来)のオイル成分には便になめらかさを与える働きがあります。これらの働きにより、出口付近で硬くなって出づらくなった便の排泄をサポートします。腸に刺激を与える成分を配合していないので、お腹が痛くなりにくい点が魅力です。一般的な便秘薬に比べ作用は穏やかと考えられますが、体質などによっては激しい腹痛や吐き気・嘔吐といった副作用が現れる恐れはあります。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.