便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用 » ビオフェルミン便秘薬

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

ビオフェルミン便秘薬

11歳から使えるビオフェルミンシリーズの便秘薬は、お腹を守る乳酸菌&大腸刺激のコンビが決め手!薬の特徴や、利用している方の口コミを掲載しました。

ビオフェルミン便秘薬の詳細情報

薬効 便秘、便秘に伴う症状の緩和(肌あれ、吹き出物、頭重、のぼせ、食欲不振(減退)、痔、腸内異常発酵、腹部膨満)

ビオフェルミン便秘薬

引用元:ビオフェルミン製薬
http://www.biofermin.co.jp/
有効成分 ピコスルファートナトリウム水和物(1.5mg/1錠)、ビフィズス菌(4mg/1錠)、ラクトミン(4mg/1錠)
ジャンル 大腸刺激(ジフェニルメタン系)
服用回数 1日1回
服用制限 他の下剤を服用している方、【要相談】妊娠中の方、【要相談】医師の治療を受けている方
対象年齢 11~14歳(2~3錠)、15歳以上(3~5錠)
容量 60錠
希望小売価格 1,000円(税抜)
販売元 ビオフェルミン製薬

薬の特徴

1錠に配合されている薬の量が少ないため、便秘薬がはじめての方や、便秘薬による腹痛が苦手な方でも使いやすいタイプ。便秘を解消する大腸刺激性の成分に加えて、ビフィズス菌・ラクトミン(乳酸菌)を配合しているため、便秘を解消しながらも腸内環境を整える事が出来ます。

期待できる効果

なるべく早く解消したい、ツラい便秘をスッキリ!化学物質による腸内刺激に加えて、乳酸菌も腸内で乳酸や酢酸を作り腸粘膜を刺激する(こちらは人間が元々持つ腸内刺激効果なので安全)ため、自然なぜん動運動が起こります。また、乳酸菌は食物繊維と同じ効果もあるため、便に水分を含ませてカサを増す効果も期待できます。

懸念される副作用

乳酸菌が配合されているため腸に優しい便秘薬のようにも思えますが、ピコスルファートナトリウムは依存性・習慣性のある腸内刺激物質ですので、長期服用すると薬がないと便を出せない体質になる可能性も。一般的な便秘薬と同様、症状が現れたときに一時的に使う程度に留めておきましょう。普段から腸内環境を改善したいなら、新ビオフェルミンSがオススメ。

ビオフェルミン便秘薬を使った方の口コミ

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.