便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用 » 浣腸

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

浣腸

便が出なくて苦しいとき、速攻出したいならコレ!昔からの定番ですが、急激な効果があること、お尻から液体を入れることから「怖い」といったイメージを持つ方も少なくありません。そもそも、浣腸はどのような薬なのでしょうか?

浣腸なら排便時間を完璧にコントロール可能です

主な市販薬

主な成分

その他、食塩水やぬるま湯を使用する事もあります。

浣腸の作用・効果

浣腸を注入すると、以下のような変化が腸内で起こります。

この3つの作用により、なかなか出ない便でもすぐに強い便意を感じ排便に至ります。浣腸は「便意を感じてもすぐ出すのではなく、ギリギリまで我慢してから」がセオリーですが、これをすることによって薬液が大腸の広い範囲に行き渡り、より高い効果が得られるんですよ。薬液をすぐ出してしまうと便を出し切れない可能性が高くなります。

また、便秘薬と違って「飲んでから数時間(個人差があります)」といった感じではなく、入れれば数分で効果を感じることができるため、排便タイミングのコントロールも可能。いつ便意が来るか分からないまま一日を過ごす…といった不安はありません。

浣腸の副作用

浣腸を注入すると必ず起こるのが、強い腹痛。これは、浣腸薬液の刺激により腸が活発に動き出すから。耐え難い痛みですが、少なくとも2~3分は我慢してください。10分以上我慢する必要はありませんので、無理せずに限界が来た所で排出しましょう。

便秘解消効果はかなり強力ですが、慢性的な便秘に繰り返し浣腸を使用していると、浣腸の刺激に対する慣れが発生してしまい、便意を感じにくくなってしまいます。(このあたりは、刺激性の便秘薬と同じですね)あくまでも一時的な応急処置という認識に留め、頻繁には使わないようにしましょう。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.