便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 処方される便秘薬の種類と効果・副作用

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

便秘薬には腸に刺激を加えるもの、便の量を増やすもの、便に水分を含ませるもの…など、様々なタイプが存在します。薬によって便秘解消まで期間や効果の強度がバラバラ、便秘のタイプによっては効果が出ない場合もあるので、自分の体質に合うか確認しましょう。

便秘薬について正しい知識をつけよう!

辛く苦しい便秘を早く解消したい気持ちはとてもよく分かります。ですが、便秘薬はどれでも飲めばスッキリ、とはいかないものなんですよ。市販の便秘薬をお使いの方は、まずどんな成分で排便を促しているのかをきちんと確認しましょう。

刺激性の下剤

便秘薬といえばこのタイプが一般的。刺激性の便秘薬は習慣になりやすく、腸が刺激に慣れて効果がなくなってくるので、なるべく刺激にたよらず出せるように腸内環境を整えていくことをお勧めします。

大腸刺激下剤アントラキノン系(アローゼン、プルゼニド、アジャストなど)

大多数の市販薬に使われている成分で、大腸を直接刺激して腸の動きを活発にします。使い始めてすぐは高い効果が感じられますが、使い続けるうちに腸が刺激に慣れてしまい効果がなくなる&大腸メラノーシスという恐ろしい状態になるため、使用は短期間に留めましょう。

大腸刺激下剤ジフェニルメタン系(ラキソベロンなど)

化学物質により大腸を刺激する、比較的新しいタイプの便秘薬。腸へ与えるダメージは少なめ。ぜん動運動を促すだけでなく水分が必要以上に奪われないようにしてくれる働きもある。アントラキノン系よりソフトな効き目の刺激性下剤です。

小腸刺激性下剤(ヒマシ油など)

上記2つが大腸への直接刺激だったのに対し、こちらは小腸への刺激を行う下剤です。便秘以外にも、体内の毒素をなるべく早く排出したいときに用いられます。2時間程度で効果が出るので即効性も◎。飲用ではなく湿布やマッサージでも効果があります。

機械性の下剤

こちらは便秘薬の成分自体が腸を刺激することはありませんが、便自体に働きかけて水分を増やしたり、便の量を増やして物理的な刺激を加え、ぜん動運動を促します。穏やかで依存性が少ないのが特徴です。

膨張性下剤(バルコーゼなど)

寒天や小麦ふすまなどの食物繊維が水分をたっぷりと抱え込み、便に水分を含ませて柔らかくし、カサを増します。効き目は緩やかで即効性はありませんが、同時に水分の摂取量を増やすことで、より高い効果が得られます。

塩類下剤(酸化マグネシウム・硫酸マグネシウムなど)

体内で生成された塩分の効果により浸透圧を上げて、周囲の組織から水分を腸内へ引き寄せるため、便が水分を含んで柔らかくなります。極めて低い確率ですが、「高マグネシウム血症」という症状になる場合があります。

糖類下剤(モニラック、D-ソルビトールなど)

塩類下剤と同じく浸透圧で便を柔らかくするものですが、こちらは体内では分解できない人工甘味料が使われています。腸内で善玉菌がこれらに働きかけると、悪玉菌が住みづらい腸内環境をつくることもできます。

浸潤性下剤(ビーマスSなど)

界面活性剤が便の表面に働きかけ、水分や油分を吸収させてつるんと出るようにするタイプの下剤。副作用は少ないですが下剤としての効果は高くないため、刺激性下剤と併用する事が多いです。痙攣性便秘にオススメ。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.