便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 処方される便秘薬の種類と効果・副作用 » 小腸刺激性下剤(ヒマシ油など)

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

小腸刺激性下剤(ヒマシ油など)

小腸刺激性下剤は、身近にあるオイルなどを用いて腸に刺激を起こす方法。医療現場で使われるだけでなく、お年寄りの知恵袋的な位置づけで民間療法としても定番になっています。

小腸刺激性下剤ってどんな薬?

一般的に、便秘の際に活動が鈍くなるのは大腸のため、多くの下剤は大腸を直接刺激する成分によって構成されています。

小腸を刺激して排便を促すのはどんなタイミングなのか?というと…

一般的には、食中毒や急性腸炎など体に取り込まれてしまった毒素を一刻も早く排出させたいときに使います。大腸を刺激する薬は服用後6~8時間待たないと効果が出ませんでしたが、小腸刺激性下剤は約2時間程度で効果を発揮してくれます。

刺激性の成分は、その場所へたどり着かないと効果を発揮しません。大腸は消化器官の一番最後ですが、小腸はその手前なので効果が現れるスピードが早い、というわけです。

ヒマシ油には腸を刺激するだけでなく、デトックス効果も期待できます。また、使い方は全く異なりますが打撲や捻挫にも効くようなので、万能オイルとして1つぐらい常備しておいても良さそう。ただし、現代においてヒマシ油は「時代遅れ」のアイテムになりつつあるようで…大手チェーンの薬局では取り扱いが少ないそうです。昔ながらの薬局で探してみましょう。

医薬品というジャンルではなく、スキンケアに使うヒマシ油であればアロマショップ等でも購入できます。その場合、飲んでも大丈夫な商品なのかをきちんと確認してください。もし飲用NGでも、ヒマシ油による湿布やマッサージでも便秘解消効果は得られます。

1日に飲む量は15mL

成人なら1日15mL、子どもならその半分でOK。たまに便秘になる程度の方なら、ティースプーン1杯(2.5mL)でも充分な効果が感じられるそうなので、自分の体と相談しながら、少しずつ飲む量を調整していきましょう。

ヒマシ油は味にクセがあるので、他の材料と混ぜて飲むのが良いとされています。

小腸刺激性下剤は安全か?

ヒマシ油やオリーブオイルなど、植物性のオイルは体に良いイメージが強いですよね。副作用なども無く使えそうに見えるのですが…。

摂取することによって、腹痛や嘔吐、衰弱などが起こる可能性があります。また、使い続けると栄養の吸収を妨げることも。いくら油とはいえ、長期的に摂取するのはよくありません。連続で7日以上は使用しないようにしてください。

また、ヒマシ油は骨盤周囲の器官を充血させたり、陣痛を早める作用があるため、妊婦さんはもちろん、生理中の女性も避けたほうが良いでしょう。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.