便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 処方される便秘薬の種類と効果・副作用 » 浸潤性下剤(ビーマスSなど)

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

浸潤性下剤(ビーマスSなど)

界面活性剤が便の表面に作用し、水分や油分を含ませて排出しやすい状態を作り上げる…これが浸潤性下剤の効果です。日本国内では医療現場でもそこまで使用頻度が高くありませんが、有名な市販薬にも配合される便秘薬です。

浸潤性下剤ってどんな薬?

浸潤性下剤は、便の表面に水分や油分をとりこませ、便を柔らかくしてスムーズに排出するための薬です。主な成分は「界面活性剤」ですから、便がつるんと排出されるのも納得できるのではないでしょうか。便秘はもちろんのこと、消化器系の手術に際して腸内をすっきりさせるための下剤としても使われています。

このタイプの下剤は効果がそこまで強くないため、市販薬の多くは大腸刺激性下剤と混合されています。そのため、腹痛や下痢などの副作用を感じる事も多いでしょう。また、脂溶性ビタミンや栄養が便のほうに吸収されてしまい、腸内にとりこむ量が減ってしまうため、継続使用はNGです(そもそも浸潤性+刺激性の効果は数日間続くため、連日薬を飲み続ける必要はありません)。

刺激性下剤が入っていることも考えると当然ながら妊婦さんや授乳中の方、また肝臓の病気がある方の服用も推奨されません。

日本国内ではそこまで使用頻度が高くない薬のため、使う頻度は少ないでしょう。

浸潤性下剤が有効な「痙攣性便秘」とは?

痙攣性便秘の大きな特徴は便秘と下痢が交互にやってくること。腸の機能が衰えるのではなく、活発になりすぎているがために、消化と吸収のスピード・腸の運動のバランスがうまく取れていない状態に陥っているのです。

大腸が過剰に動くため食後にお腹が痛くなる、便秘の時は固くてコロコロなのに下痢になる、という状況が続くのであれば、痙攣性便秘が考えられます。

痙攣性便秘を引き起こす主な原因は「自律神経の乱れ」。生活習慣や人間関係のストレスにより交感神経・副交感神経のバランスが乱れてしまうと、腸のぜん動運動にも支障が出ます。通常は筋肉が収縮を繰り返して便を押し出すのですが、自律神経が乱れると収縮が活発になりすぎ、まるで痙攣しているかのような状態になってしまうのです。

こうなると、便はうまく押し出されず何度も腸内を行ったり来たり…これが、痙攣性便秘の原因です。

また、過敏性腸が原因となっていることもあります。

痙攣性便秘には、市販されている刺激性の便秘薬は逆効果。余計に痙攣を悪化させてしまいます。また、便秘によいといわれる食物繊維もNG。大腸が過敏に動いているところに、更に腸の動きを良くする材料を送り込んでしまうと…やっぱり、痙攣を引き起こしてしまうのです。

痙攣性便秘は、なるべく薬に頼らず根本原因を何とかするのがベターな解消法。現代社会にストレスはつきものですから、毎日の生活の中でリラックスできる時間を少しでも作る。あれこれ悩んでしまう前に早めに寝る。運動でストレスを発散する、などが有効です。また、寝る前にストレッチをすると眠りが深くなり、副交感神経が正常に近づきます。自分が出来そうなことから少しずつ、取り入れてみましょう。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.