便秘薬成分が含まれる処方薬・市販薬・お茶を解説

薬剤師が教える便秘薬のすべて
薬剤師が教える便秘薬のすべて HOME » 処方される便秘薬の種類と効果・副作用 » 糖類下剤(モニラック、D-ソルビトールなど)

代表的な便秘薬

コーラックⅡ

いちばんリッチな処方のコーラック

初回価格

650

大腸刺激成分+浸潤成分のW効果で、頑固な慢性便秘もすっきり改善!腸で溶ける錠剤なので他の臓器をむやみに刺激しません。

公式サイト

新ビオフェルミン
S錠

毎日続けて腸内環境を改善していく

初回価格

930

腸内の悪玉菌を退治しバランスを整えるための乳酸菌の薬。毎日続けて摂取することで、便秘体質そのものを改善していきます。

公式サイト

便秘解消をサポート
おすすめのお茶

モリモリスリム

24種類のスッキリ成分で効き目ばっちり

初回価格

380

たっぷり24種類の植物が配合された便秘茶で、どんな便秘体質もサポート。1包に茶葉がたっぷり5g入っているので頑固な便秘にも◎!

公式サイト

桃花スリム

ピーチティーの感覚で美味しく飲める

初回価格

1,800

食物繊維や血流改善成分など、厳選された12種類を紅茶ベースでブレンド。毎日飲みたくなるような美味しさにもこだわりました。

公式サイト

糖類下剤(モニラック、D-ソルビトールなど)

糖類下剤も、塩類下剤と同じく浸透圧で水分を集めてくるタイプ。人工甘味料使用のお菓子やガムを沢山食べ、お腹が緩くなった・便通が良くなった経験をした方もいるでしょう。まさにそれと同じ効果を出す薬です。

糖類下剤ってどんな薬?

こちらも塩類下剤と同様に、腸内の浸透圧を高めて周囲から水分を集め、便を柔らかくする効果があります。糖類…というと、体内に吸収されて脂肪になってしまうイメージが強いですが、下剤で使われるのはほとんど吸収されないタイプのものです。

糖類下剤は腸内で善玉菌によって分解され、このとき乳酸が発生し腸内が酸性になります。悪玉菌の住みづらい環境を作る事が出来るので、腸内環境を良くする菌がしっかり働くようになり、便通をスムーズにします。

キシリトールなどの人工甘味料を配合した食品に「食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」と記載があるのをご存知でしょうか?実際に経験した方も割と多いのですが…まさに、その効果を下剤として活用しているわけです。

欧米では高齢者に処方する下剤としてよく使われるようですが、日本国内では保険適用される薬ではありません(薬局処方でも安価なのでご安心ください)。赤ちゃん向けの便秘薬としてベビー用品老舗の「和光堂」からマルツエキスが発売されるなど、昔から安全性の高い下剤として利用されています。妊婦さんや高齢者はもちろん、なるべく刺激に頼らず自然なお通じに戻したいと考える方にオススメです。

便秘を解消する以外にも便秘防止策として、胃のバリウム検査を受けた後の便秘を防ぐ用途にもよく使われています。

糖尿病の方は糖類下剤の使用NG

糖尿病は頑固な便秘を引き起こすことが多い病気。糖尿病が原因で便秘になると、食べた糖類が胃腸内に長く滞ってしまい、多くの糖分が体内に吸収され、病気を悪化させてしまいます。

糖尿病の方が糖類下剤を飲むと、血圧降下につながり大変危険なので、絶対に使用は避けましょう。糖尿病の方は、薬剤系の便秘薬に頼ると思わぬところに副作用が出る恐れがありますので、食物繊維をたっぷり摂るなど食事面からの改善を心がけてください。

PageTop

※このサイトについて
このサイトで公開している情報は、薬剤師資格保持者の元、2017年4月ごろ管理者が個人的に収集・調査したものです。最新の情報は必ず、公式サイトでご確認ください。

サイトマップ

処方される便秘薬の種類と効果・副作用

市販の人気便秘薬に期待できる効果と副作用

即効性があるといわれる便秘薬のタイプと効果・副作用

安全に服用するための便秘薬の知識

昔ながらの便秘解消法「お茶」に注目

便秘に良いといわれる自然の成分

子供の便秘について知っておくべき基礎知識

Copyright (C)薬剤師が教える便秘薬のすべて All Rights Reserved.